06 | 2017/07 | 08
-
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

emi

Author:emi
2011年12月3日からネザーが我が家の一員になりました。
唯一の趣味、山歩きも2008年頃から始めました。
うさぎと山、どちらも初心者の奮闘日記です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

簡易型うさぎの年齢計算機  (グラフィック版)

ご訪問           ありがとうございます!

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

燕岳(2011.9.24-25)

2012.08.15 17:27|燕岳
1度は泊まってみたい山小屋…燕山荘☆(テントだけど;)
燕岳(2011.9.24-25)
標高:2763m
往復時間:(往)約8時間、(復)3時間半
最寄:中房温泉
コース:中房温泉登山口→合戦小屋→燕岳山頂→燕山荘テン泊→合戦小屋→中房温泉登山口

漫画「岳」で「燕ブレンドコーヒー」の話が好きなので燕岳へ。
ちょうどTVで燕山荘が特集されたりしてたので混んでました;
またまたバテバテで、富士見ベンチから合戦小屋までが果てしなく感じました( ̄Д ̄;
DSCN5119.jpg
バテ過ぎたのでいきなり燕山荘からのショットです;
DSCN5115.jpgDSCN5118.jpg
山雑誌でよく見るような絶景です(*´∇`*)
天気も最高♪
テントを張り、少し休憩したら燕岳の頂上へ。
燕山荘からは1時間あればのんびり往復できます。
燕山荘、すごい人でした;
テン場も結構満員?
でも暖かいし、キレイだし、ケーキまであるし、人気の理由がわかります(⌒-⌒)
私達はテントに戻り、晩ごはん&食後のお茶をして早めに就寝しました。

翌朝、日の出を見るために高台へ。
DSCN5135.jpgDSCN5136.jpg
めちゃくちゃキレイ!槍も見えちゃいます♪
こちらは夜明けの燕山荘。
DSCN5132.jpg
可愛い山荘です☆
テン場はこんな感じ。
DSCN5134.jpg
雲海も見えます。
日の出、キレイに見えました。
DSCN5141.jpgDSCN5144.jpg
だんだん…
DSCN5148.jpg
どーん!
気付いたらこの日は自分の誕生日。
「なんとめでたい誕生日なんだー!」と感動しました(w´ω`w)
帰り道も良い天気♪
もう少しここにいたいけど…混んじゃう前に下山します!
DSCN5149.jpgDSCN5150.jpg
下山は休憩無しで一気に下りました。
下山後は近くの立ち寄り湯でさっぱりして、軽井沢のドーミー倶楽部へ宿泊。
DSCN5153.jpg
ごはんが美味しいお宿です(*^^*)
大満足の連休でした♪
スポンサーサイト

上高地-横尾(2011.5.2-3)

2012.08.15 16:10|上高地
徳沢でテント泊がしてみたくて☆
上高地-横尾(2011.5.2-3)
標高:
往復時間:
最寄:沢渡バス停
コース:河童橋→徳沢→横尾→徳沢にてテント泊→明神橋→河童橋

※また写真の日付ズレてます><
河童橋にて。
DSCN4731.jpg
前回より天気がイマイチかな。
はちみつソフトクリームを食べてにんまり♪
DSCN4732.jpg
はちみつは容器に入れてくれるので、後であったかい紅茶に入れて飲むと幸せな気分に(*´∇`*)
DSCN4734.jpg
少し寒々しいけど、相変わらず美しい所です☆
DSCN4758.jpgDSCN4746.jpg
まずは徳沢に行ってテント張り&ランチ(w´ω`w)
テン場の受付は徳澤園です。
今回はテント泊が目的だったので時間がたっぷり。
DSCN4785.jpgDSCN4756.jpg
のんびり横尾まで行きました。
DSCN4753.jpgDSCN4754.jpg
本当に川が美しいです(*´∇`*)
人もあまりいなかったのでテントに戻りました。
DSCN4764.jpg
テントも増え、徳澤園に灯りがともります。
晩ごはんを食べて満天の星空を見て、なんて幸せ(*^▽^*)
…でも寒すぎて全然眠れませんでした(;´▽`A``
「日本誕生」ののび太くんと同じくラーメンの夢を見ましたよwww
DSCN4780.jpg
早朝のテント。
結露した部分が凍ってます…どーりで寒いはずです( ̄Д ̄;
DSCN4750.jpg
帰りも晴天とはいかなかったけど、雨が降らなくてよかった!
寒かったけど、テント最高でしたヾ(=^▽^=)ノ

蝶ヶ岳(2011.6.18-19)

2012.04.08 23:50|蝶ヶ岳
蝶の雪形が由来です☆
蝶ヶ岳(2011.6.18-19)
標高:2677m
往復時間:(往)10時間くらい(だいぶゆっくり)、(復)9時間くらい
最寄:上高地BT
コース:上高地→明神→徳沢→横尾→蝶ヶ岳頂上→ヒュッテ泊→徳沢→明神→上高地

※文中写真の日付&時間は全てズレていますので、夕日&朝日の時間もズレています、ごめんなさい。
運転のできない女性2人での山歩きなので、「さわやか信州号」というバスを利用しました。
新宿を23時に出発→翌日朝6時に上高地BTに到着します。
普通の観光バスのような座席で、「寝れるかなー;」と不安でしたが、耳栓&めぐりズム&睡眠導入剤(みたいなの?)&仕事頑張ったおかげでぐっすりです☆

5:50頃 順調に上高地到着☆簡単に朝食をとります。
6:30頃 準備体操(笑)&荷物を整えていざ出発♪
シーズン前&早朝のおかげか、人が少なくてすごく気持ちいいです。
途中、人の多い時には見たことのないリスが駆け抜けていったりして、出発から良い感じです。
1.jpg
9:40頃 横尾に到着…こんなに人がいない横尾初めて!
横尾山荘でおやつとジュースを購入し、すごく早めの軽ランチ休憩をします。
休憩の途中で雨が降り出したので、レインウエアと防水の帽子を着用します。
ここからはいよいよ登りです。
DSCN4807.jpg
雨も降ったりやんだり…レインウエアを着ていると蒸し暑かったので途中から脱ぎました。
こういう時、軽い雨の防げる防水のツバ広帽子は便利ですね!
こんな感じの木々の中をひたすら登ります。
登山道がわかりづらいので、木に付けられた黄色のペンキを目印に登っていきます。
「もうしんどー( ̄Д ̄;」という頃、なぜか一面の雪景色に(◎_◎;)
2.jpg
事前にヒュッテの方に問い合わせた際、アイゼン不要とのことだったのですが…;
ヒュッテの方&途中唯一すれ違った男性の「ストックがあれば大丈夫でしょう!」とのお言葉を信じて登ります!
サクサクサク…☆
滑るような感じでもないし、確かに大丈夫そうですε=( ̄。 ̄;A
ただ雪が溶けかけてるので、時々踏み抜いて太ももまでハマってしまいます;
それ以外は段差も無いし、雪があった方が登りやすいかも!と思いました(o^∇^o)ノ
思いがけない雪でテンションが上がり楽しく登っていましたが、「そろそろ限界ヽ(+∇+)ノ」と思ったところで…
3.jpg
急に視界がひらけて森林限界に!
ハイマツと岩の景色がなんとも言えません(*´∇`*)
↑の坂を登りきると、気分的には「やった頂上だー♪」という感じだったのですが、ヒュッテ&頂上まではもう少し歩きます;
4.jpg
緩やかなアップダウン…天気が悪く、常にモヤの中にいるような感じでしたが、ハイマツの美しさとガスの切れ間からの見晴らしに癒されました。

15:00頃 やっとヒュッテに到着!赤い屋根が可愛いー☆
05.jpg
荷物を置かせてもらい、山荘の受付を済ませます。(一泊2食で8~9千円くらいだったかな)
色々とビショビショなのでヒュッテのモノ干し場で干させてもらいます。
たくさんのハンガーと乾燥用のヒーターが置いてあってとても便利です!
晩ごはんはトンカツでした♪疲れた体に美味しすぎるっ(*´ρ`*)
6.jpg
晩ごはんをいただいて夕日を見に外へ…雨は止んでいましたが、うーん雲がでちゃってるかな。
詳しいご夫婦に近くの山の名前を教えてもらいながら待ちましたが、やはり夕日は雲でほとんど見えませんでした。
明日の朝日に期待します!

こちらの蝶ヶ岳ヒュッテ、部屋の他に更衣室があり体を拭いたりするのに便利でした。
あ、歯磨きにはお塩を持って行きました。
6人部屋(廊下とはカーテンで区切ってあります)を、私達と他の女性2人で使わせていただいたので快適☆
またまた快眠セットのおかげでぐっすりでした。

朝、慌しい気配で同行していた先輩が起き、私のことも起こしてくれました。
(「私、家以外で眠れないんです」なんて言ってたのにすいません(T◇T))
いつの間にか日の出の時間になったようです。
慌てて外に出てみるとたくさんの人が日の出を見に集まっています。
私達は少し離れた頂上から見たいと思ってたので、頂上に向かいます。
たいした距離ではないとはいえ、高山で寝起きの上り坂ダッシュ…普段なら気絶しそうですが、相当テンションが上がっていたため大丈夫でした(;´▽`A``
7.jpg
薄青かった空に、段々と赤い色が出てきます。
蝶ヶ岳だと見えづらかったけど、常念からならキレイに日が出るところが見れそうです。
8.jpg
雲が多かったですが、この景色…明るくなってもしばらく見とれちゃいました☆

8:00頃 朝食&準備を済ませてヒュッテ出発。
すごく良い天気にテンション上がりますヾ(=^▽^=)ノ
9.jpg
登りのコースと同じく、頂上付近は雪道、それ以外は木の根と岩の階段をひたすら下る道でした。
途中急にガスが出てきて登山道がわかりにくくなりましたが、落ち着いて目印を探しながら下りました。
途中足を痛めてしまったため、登りより下りの方が相当しんどかったです。
なので下りの記憶と写真がありません(;´▽`A``

そんなこんなでなんとか徳沢に到着!
すっごく飲みたかったコーラを購入し、持参したランチを取ります☆
帰りはの~んびり(*^▽^*)
DSCN4908.jpg
山の上もいいけど、川原でゆっくり温かいお茶を飲みながらおしゃべりするのも贅沢なもんです。
また行きたいお山の1つです(* ̄∇ ̄*)

上高地(2010.4.30-5.1)

2012.03.08 06:50|上高地
今日は初めて上高地に行った時のことを…。

来月には交通機関が開通しますね(o^∇^o)ノ
大人気の上高地ですが、一昨年行った時から私も大ファンになり、テント泊の練習や登山の入口として3回程行っています。

上高地周辺(2010.4.30-5.1)
1日目:大正池周辺
2日目:上高地バスターミナル~横尾往復

上高地はマイカーで行けないので、バス停近くに宿を取りました。
(↑ちょっとうっかりミスの多い宿だったのですが、その度に神妙な表情(笑)でお詫びのりんごジュースをくれるというちょっと憎めない宿でした( ̄∇ ̄))

2泊3日の初日、お昼過ぎころ宿に到着。
次の日に行くつもりでしたが、我慢できず少しだけ上高地へ偵察に(* ̄∇ ̄*)

初日は大正池をゆっくり散策。
宿付近は曇りだったのですが、上高地は雪でした。
DSCN4162.jpg
かと思ったら少し晴れて↓この池の色(*^^*)
(ちょい散策の予定なのでジーンズですね;)
DSCN4133.jpg
リアルアルプスの天然水☆
寒いけど、ずっと見ていられるくらいきれいです(o^∇^o)

・・・・・・・・・・・・

そして次の日は気持ちの良い晴天!!
思えば初めての上高地でこの晴天の美しさにやられてファンになった気がします。

2日目は…
上高地バスターミナル→河童橋を渡り→嘉門次小屋側の散策路(右岸)→明神橋を渡り→徳沢→横尾→徳沢→明神池→左岸→河童橋バスターミナル
という風に歩いて行きました。
のんびり歩いたり、所々美しすぎて写真を撮りまくったので7時間半くらいかかってしまいました(;´▽`A``
DSCN4169.jpg
前日雪が降っていたとは思えないくらい、歩くとあったかかったです。
DSCN4208.jpg
岩魚は絶品ですよね(*´ρ`*)
DSCN4202.jpg
DSCN4197.jpg
徳沢~横尾までは結構まぶしいので、サングラスがあった方がいいなーと思います。
この時期、横尾には鯉のぼりが…☆
青空で泳ぐ鯉のぼりを見ながら温かいお茶で一休み…疲れもとれます(⌒-⌒)

いつか両親と一緒に散歩したいと思う場所です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。