03 | 2017/04 | 05
-
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

emi

Author:emi
2011年12月3日からネザーが我が家の一員になりました。
唯一の趣味、山歩きも2008年頃から始めました。
うさぎと山、どちらも初心者の奮闘日記です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

簡易型うさぎの年齢計算機  (グラフィック版)

ご訪問           ありがとうございます!

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蝶ヶ岳(2011.6.18-19)

2012.04.08 23:50|蝶ヶ岳
蝶の雪形が由来です☆
蝶ヶ岳(2011.6.18-19)
標高:2677m
往復時間:(往)10時間くらい(だいぶゆっくり)、(復)9時間くらい
最寄:上高地BT
コース:上高地→明神→徳沢→横尾→蝶ヶ岳頂上→ヒュッテ泊→徳沢→明神→上高地

※文中写真の日付&時間は全てズレていますので、夕日&朝日の時間もズレています、ごめんなさい。
運転のできない女性2人での山歩きなので、「さわやか信州号」というバスを利用しました。
新宿を23時に出発→翌日朝6時に上高地BTに到着します。
普通の観光バスのような座席で、「寝れるかなー;」と不安でしたが、耳栓&めぐりズム&睡眠導入剤(みたいなの?)&仕事頑張ったおかげでぐっすりです☆

5:50頃 順調に上高地到着☆簡単に朝食をとります。
6:30頃 準備体操(笑)&荷物を整えていざ出発♪
シーズン前&早朝のおかげか、人が少なくてすごく気持ちいいです。
途中、人の多い時には見たことのないリスが駆け抜けていったりして、出発から良い感じです。
1.jpg
9:40頃 横尾に到着…こんなに人がいない横尾初めて!
横尾山荘でおやつとジュースを購入し、すごく早めの軽ランチ休憩をします。
休憩の途中で雨が降り出したので、レインウエアと防水の帽子を着用します。
ここからはいよいよ登りです。
DSCN4807.jpg
雨も降ったりやんだり…レインウエアを着ていると蒸し暑かったので途中から脱ぎました。
こういう時、軽い雨の防げる防水のツバ広帽子は便利ですね!
こんな感じの木々の中をひたすら登ります。
登山道がわかりづらいので、木に付けられた黄色のペンキを目印に登っていきます。
「もうしんどー( ̄Д ̄;」という頃、なぜか一面の雪景色に(◎_◎;)
2.jpg
事前にヒュッテの方に問い合わせた際、アイゼン不要とのことだったのですが…;
ヒュッテの方&途中唯一すれ違った男性の「ストックがあれば大丈夫でしょう!」とのお言葉を信じて登ります!
サクサクサク…☆
滑るような感じでもないし、確かに大丈夫そうですε=( ̄。 ̄;A
ただ雪が溶けかけてるので、時々踏み抜いて太ももまでハマってしまいます;
それ以外は段差も無いし、雪があった方が登りやすいかも!と思いました(o^∇^o)ノ
思いがけない雪でテンションが上がり楽しく登っていましたが、「そろそろ限界ヽ(+∇+)ノ」と思ったところで…
3.jpg
急に視界がひらけて森林限界に!
ハイマツと岩の景色がなんとも言えません(*´∇`*)
↑の坂を登りきると、気分的には「やった頂上だー♪」という感じだったのですが、ヒュッテ&頂上まではもう少し歩きます;
4.jpg
緩やかなアップダウン…天気が悪く、常にモヤの中にいるような感じでしたが、ハイマツの美しさとガスの切れ間からの見晴らしに癒されました。

15:00頃 やっとヒュッテに到着!赤い屋根が可愛いー☆
05.jpg
荷物を置かせてもらい、山荘の受付を済ませます。(一泊2食で8~9千円くらいだったかな)
色々とビショビショなのでヒュッテのモノ干し場で干させてもらいます。
たくさんのハンガーと乾燥用のヒーターが置いてあってとても便利です!
晩ごはんはトンカツでした♪疲れた体に美味しすぎるっ(*´ρ`*)
6.jpg
晩ごはんをいただいて夕日を見に外へ…雨は止んでいましたが、うーん雲がでちゃってるかな。
詳しいご夫婦に近くの山の名前を教えてもらいながら待ちましたが、やはり夕日は雲でほとんど見えませんでした。
明日の朝日に期待します!

こちらの蝶ヶ岳ヒュッテ、部屋の他に更衣室があり体を拭いたりするのに便利でした。
あ、歯磨きにはお塩を持って行きました。
6人部屋(廊下とはカーテンで区切ってあります)を、私達と他の女性2人で使わせていただいたので快適☆
またまた快眠セットのおかげでぐっすりでした。

朝、慌しい気配で同行していた先輩が起き、私のことも起こしてくれました。
(「私、家以外で眠れないんです」なんて言ってたのにすいません(T◇T))
いつの間にか日の出の時間になったようです。
慌てて外に出てみるとたくさんの人が日の出を見に集まっています。
私達は少し離れた頂上から見たいと思ってたので、頂上に向かいます。
たいした距離ではないとはいえ、高山で寝起きの上り坂ダッシュ…普段なら気絶しそうですが、相当テンションが上がっていたため大丈夫でした(;´▽`A``
7.jpg
薄青かった空に、段々と赤い色が出てきます。
蝶ヶ岳だと見えづらかったけど、常念からならキレイに日が出るところが見れそうです。
8.jpg
雲が多かったですが、この景色…明るくなってもしばらく見とれちゃいました☆

8:00頃 朝食&準備を済ませてヒュッテ出発。
すごく良い天気にテンション上がりますヾ(=^▽^=)ノ
9.jpg
登りのコースと同じく、頂上付近は雪道、それ以外は木の根と岩の階段をひたすら下る道でした。
途中急にガスが出てきて登山道がわかりにくくなりましたが、落ち着いて目印を探しながら下りました。
途中足を痛めてしまったため、登りより下りの方が相当しんどかったです。
なので下りの記憶と写真がありません(;´▽`A``

そんなこんなでなんとか徳沢に到着!
すっごく飲みたかったコーラを購入し、持参したランチを取ります☆
帰りはの~んびり(*^▽^*)
DSCN4908.jpg
山の上もいいけど、川原でゆっくり温かいお茶を飲みながらおしゃべりするのも贅沢なもんです。
また行きたいお山の1つです(* ̄∇ ̄*)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。